查看详情
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

太陽は一人ぼっち

     

 
 
 
 
 
 

《現在の日中関係と旅への影響について》

2012-11-3 11:20:41 阅读797 评论0 32012/11 Nov3

尖閣諸島の問題がこの旅に影響があるかどうか、今の中国にいくことが安全かどうか、ご心配される方もいらっしゃると思いますので、そのことについて説明させて頂きます。

9月に中国において反日デモや商店が破壊されたなどのニュースがありましたが、現在では落ち着いています。実際に私は島の購入の話が持ち上がった頃、反日気運がもっとも高まっていた時期に、旅の引率で上海や北京、西安に滞在していましたが、そのときでも身の危険は全くなく、参加者達も楽しく観光できていました。

また、近年の中国には多くの日本人留学生やビジネスマンが滞在していますが、危険だから日本に帰国し始めているといった話は聞いていません。私の友人達に聞いた話でも、個人レベルでは非常に友好的で、以前と何ら変わりを感じていないとのことです。何でも危険と思われるような情報を見つけてメディアが過剰に報道しているということもあるのではないかと思います。

渡航の是非についてですが、奔流中国も日本中の旅行会社と同様、基本的に日本外務省の危険情報が発出されているかどうかで、その地域への旅行が主催ができるかを判断をしています。もし外務省によって危険な地域と判断されると、渡航の是非を検討するよう注意?勧告が発出されます。11月2日現在の中国に関する危険情報では、ウイグル自治区一部とチベット自治区に対して「十分注意してください」という情報が出ている他は、全く出ていません。下記参照↓

作者  | 2012-11-3 11:20:41 | 阅读(797) |评论(0) | 阅读全文>>

「奔流の旅」、検討に当たってのアドバイス

2012-10-13 13:44:25 阅读773 评论0 132012/10 Oct13

2012年冬、2013年春の日程を公開しました。それに伴い、奔流を検討する際の悩むところや、説明会で良く相談されたことをまとめて書いてみます。また、この何年間の傾向とアンケート調査に基づいて、そして旅の後に参加者との交流を通じて直感的に感じたものから、参加者年齢層別の満足度、向きと不向き、奔流の旅で得るものなども書いてみます。これから参加される方の参考になれればと願いたいです。

■1どんな人は旅に参加しているか――

 奔流に参加する理由は、①馬 ②旅 ③アート的 ④アドベンチャー的 ⑤歴史文明 ⑥異文化交流と出会い、様々です。参加者は大学生中心ですが、社会人の方(22歳~29歳までは多い)、外国籍の方、中高年の方も最近年々増え、2割以上占めています。また、女性の方が多い(6割以上占める)ことは一つの特徴です。それ理由は、奔流の実績に対する安心感、馬と旅先地域に対する憧れではないかと思います。企画の名前「奔流中国」となっているが、参加する方はとくに中国好きというわけではないように感じます。ただ、参加してからは、中国という国に対してまったく違った見方ができたと言えます。

■2参加した後の満足度を年齢層別に見て――

【社会人、外国籍の方】 

想像以上に満足しているように見えます。奔流のようなポリシーを持った旅(「馬と旅する」、「旅には形がない」、「旅はアート」)は今までなかっただけに、大きな喜びに繋がっています。実際のところほとんどの方はリピーターとなっています。

【大学生の方】

言葉に

作者  | 2012-10-13 13:44:25 | 阅读(773) |评论(0) | 阅读全文>>

草原を馬で駆ける日々は、今の日本の若者では考えられないほどの忍耐強さ、目標への執着は現れた。だが???

終了後、途中帰国のだれかが、別れの言葉に、「皆が力を合わせてどんな困難も乗り越えた???」、その言葉を機に、参加者の様子は変わってしまった。

この言葉を発する人には何の非もなかった。ごく普通の日本人的な挨拶をしただけなのだ。しかし、それを境に、日本人は日本人に戻った。奔流でひとり一人がやりきった誇りも心の底の喜びも、そして目の輝きもどこか薄らいだように見えた。「皆」、「仲間」、どこか日本で良く見かける若い子たちの乗りになった。

乗馬に限って言っても、一人一人はひとり立つ。それは馬乗る人間の誇りであった。

その言葉の影響力を後から気づいた。少し早く気付けば何かできたかもしれない。様子の変化に不思議に感じて、後から気づいた。日本人は、「皆」、のような発言に弱い。そのような言葉に流されやすい。安堵感のようなものだろうか。

乗馬学校の日々を振り返る。辛くても耐え抜いたこと、怖さを拭えなくても逞しく駆け抜けたこと???そこに、「皆が力を合わせた」のカケラもなかった。一人ひとりは、自分自身の弱さと頑なに向き合い、自分との戦いであった。やりきったのは、「皆」の存在ではなく、より強い「自分」であるはずだった。

もちろん、やりきったとはいえ、日本的な“並み意識”はまったく存在しなかったわけではない。1日70キロほど駆け抜ける日があった。陽が沈む頃、皆はかなり疲れてきた。バスと合流する度に、私は、「自分の状況を自

作者  | 2012-10-8 12:23:23 | 阅读(749) |评论(0) | 阅读全文>>

オリンピック精神と「奔流」の旅

2012-10-8 10:10:25 阅读504 评论0 82012/10 Oct8

「怖がるな。

島には様々な音に満ちている。」

ロンドンオリンピックはシェイクスピアのこの一行の詩から幕を開けた。

8月10日、ロンドンオリンピックの真最中に、108人が乗船し、夏の奔流も本格的に始まった。

僕の気持ちも高揚した。そして少しの緊張もあった。なにせ一度の出発(三つのコース同時に出発)で100人越えは初めてだった。

その緊張も、過去の友人たちと港で会って、溶けた。声は響かないのが僕の短所で、親友の駅長が大きい声で大活躍してくれた。ナベやハチ、アワなどリピーターの方が助けてくれた。お蔭で、すべてスムーズに運んだ。

しかし、初奔流の人には、この大人数で、少ながらず不安があるだろうと考え、オリンピック開幕式の言葉を思い出して、最初の集まりで、同じシェイクスピアの詩を引用した。

 「怖がるな。島(奔流、この船)には様々な音に満ちている、、、過去の参加者たちは、(奔流には)皆いい人と言いたがるが、私はそう思わない。奔流である以上、様々な人がいる。いい人も悪い人も。しかしどんな人でもこの旅で自分の居場所を見つけられるし、奔流での経験を心から喜んでくれる。そしてひとり一人自分の旅を奔流の中で創り出してくれる。最終的にそれが一つとなって、奔流となる。よい音符でも、雑音でも、その“様々な音”をありのままに受け入れて、楽しんでください」、と。

 そして、「オリンピック精神とは何か。

 より速く、より高く、より遠く。人類の勇気、自己への挑戦、、、そういったものは奔流

作者  | 2012-10-8 10:10:25 | 阅读(504) |评论(0) | 阅读全文>>

 四年前にここで、伝説の中の汗血馬と出会った。そして今回は、それにも勝る、“天馬”たちと出会った。

■赤兔

試して手綱を緩めた瞬間、ばねに発射された感じがした。リズムも動きも兔のようで、スピードが恐ろしい。馬の上で景色を見る余裕がなくなったのは何年ぶりのことか。馬の上で参加者の乗り方をチェックしようとしても、周りのものがすべて二倍速以上で早送りされているように見え、何にもできなくなった。走り方から、“赤兔”と名付けた。三国志の中の呂布の乗る馬は恐らくこのような馬ではないだろうか。ちなみに、僕の旅に何度も来ている参加者の中に僕とほぼ同じ風に乗れる人も何人かいるが、恐らくこの馬だけは、彼らの誰でも乗れないだろう。現地の遊牧民の人は最初僕がそれを乗ることを反対していた。結局乗らせてくれたのも、落馬を覚悟した上だろうが、余裕に(完全に余裕ではないが)乗りこなしている僕を見て、苦い笑いしながら親指を上げた...

■可汗

黄色味のかかっている白い馬だ。去年のGCにも来てくれた馬だが、去年は映像撮影に神経取られていたため、馬には集中していなかった。馬格が大きい割には軽やかに走る。そして、いつも堂々としている。気が大きく、信頼も篤い。サイドカーのようにカーブし、その分だけ馬上では自由に重心をかけられて、完全に自分の足のようになっている。乗れない人が乗る時に程よい力で走るので、偶に参加者にも乗らせている。かつてのチンギス?ハンもこの色の馬を好んでいるらしく、名前を“可汗”にした。

■玉女

こげ茶の馬だ。チェラの連

作者  | 2012-10-1 13:59:39 | 阅读(708) |评论(0) | 阅读全文>>

私たちは「馬と旅する」ことを主張します。

私たちは、旅の原点とも言える、「古代のキャラバン」、のような旅を目指します。

だから、

私たちの旅は旅先地域に密着し、様々な触れ合いが自然に始まります。そして私たちは、古の旅人のように旅そのものに止まることなく、常に旅の先にあるものを見つめています。

それは、

インスピレーションだったり、希望だったり、自己発見だったりします。

それは様々な形で現れるかもしれません。

人生が変わる旅。

この類の言葉はなぜか安っぽく見えます。努力して手に入れた人生は簡単に変えようとしませんし、努力せずにここまで至った人生はそれを変える力もないはずです。

人生を変えるほどの力を持てるのは、アートしかありません。

だから、私たちの旅は、

アート的な感性を持たせ、「原点」と「スピリッツ」に触れます。

そして本当の意味の美しいものを見せたいです。

それは敦煌の壁画芸術だったり、霞の中の古代王国の廃墟だったり、大地の裸の姿だったり...時には、人々の生の暮らしそのものだったりします。

何より、馬の背から見る世界は美しい。

起伏が続く大地に雲が影を落とし、陽射の翳りに大雁が群れを成す...

として時には、風となって時空を駆け抜けていきます。

奔流の旅で得られるものは、

決して何枚かの見慣れぬ写真や自慢話しではありません。

作者  | 2012-7-25 11:34:24 | 阅读(545) |评论(0) | 阅读全文>>

〈唄〉我らのシルクロードの旅

2012-6-9 16:10:08 阅读592 评论1 92012/06 June9

これは、2006年夏シルクロードの参加者たちで言葉を出し合って作った歌です。この頃、この歌を思い出して、よく胸の中で歌っています。苦しい時に、この歌は僕のこころの支えとなっています。

〈蒼々シルクロード  Song for 48 people〉

遠く遠く あこがれの空 目差して進む 僕らの旅

上海ネオン 街をぬけたら 満天の星に 涙がホロリ

せわしない 日々から ぬけ出して

今日もゆったり まどろみの中

僕の心 空っぽにして 出会える全て つめこんでゆこう

広すぎる イリ草原 遠すぎる地平線

こんなに ちっぽけな 僕だけど 決して一人じゃない

<サビ>

風になって 鳥になって

僕らなら どこまでも ゆけるさ

両手つなぎ 輪になろう

君に会えてよかった ずっと忘れない

澄んだ瞳 ウイグル美人 お酒大好き おっちゃんたち

人なつこい笑顔に会えて 心の扉 ひらかれてゆく

小さな灯 1つ囲んで

こんなあったかい 気持ちになれる

どんな風に生きてゆこうか

気持ち1つで 変えられるはず

がたがたのじゃり道も ぐらぐらゆれる つり橋も

君が君らしく歩くなら きっと超えてゆける

*サビを繰り返し 2回

作者  | 2012-6-9 16:10:08 | 阅读(592) |评论(1) | 阅读全文>>

なぜ馬と旅?失われていた旅の形を、今に蘇る

2012-4-7 19:35:35 阅读1520 评论1 72012/04 Apr7

 馬と旅。現代にない旅の形。エコだとか、人間形成において大きな意義なあるとか、遊牧民支援の意義があるとか、様々なメディアにも取り上げられました。「奔流」もウェブページのあちこちで書いてありますが、返って経験していない人が、一体なんなの?ってわからなくなっているようです。ここで、私は自分の現場での経験と若者たちとの接触の中で感じたものを、「馬の上から見た世界」、「遊牧民の誇りを甦らせよ」、「若者よ、今と向き合え」、「人と馬がひとつになるということ」四つにまとめてみました。ちょっと長いですが、旅の参加をご検討している方はぜひ一度お読みください。以下:

「馬と旅」その1

~馬の上から見た世界~

シルクロード天山北路。ここは馬にのみ適した場所だ。広大な草原に轍はひとつもない。馬が存在したからこそ、古代シルクロードの中でも、この地はもっとも古くから栄えた。また馬の存在で、ここは世界史の軸を突き動かしてきたのだ。鐙がぶつかりあう金属音の中、かつての文明はまざまざと蘇ってくる。

馬の上では、歴史の角度から見ても、哲学の角度から見ても、或いは芸術の角度から見ても、今までとはまったく異なる世界が見える。それは、二本足で地に立つ者には到底届かない世界である。馬の上では、あなたは、何かと無理に探し、何かと求める自分をわざわざ表現する必要はなくなる。ただただ、馬に乗り、人類のもっとも偉大な道を進めばよい。そして自身の信念にひた向くこと。そこで多くを悟るだろう。たとえば、進化していくものはかならずしもいいものではない。またたとえば、無理して求めたも

作者  | 2012-4-7 19:35:35 | 阅读(1520) |评论(1) | 阅读全文>>

2012年夏、募集開始のご挨拶と新規企画のご案内

2012-3-17 12:42:59 阅读951 评论0 172012/03 Mar17

  

  

この度は、奔流中国にご関心をお寄せ頂き、誠にありがとうございます。

  奔流中国は1996年に海外の学校との相互訪問、草原や中国奥地に生きる人々の生活支援、異文化交流を目的にスタートして以来、馬で旅する、参加者の自主性と個性、そして一人ひとりの自由を大切にするなど企画のコンセプトに大変ご好評いただき、これまで総計7000人を越える有志を募ってきました。参加者のみなさんが「奔流」企画に魅力を感じるのは、旅のコンセプトがもちろんのこと、本物の旅へのこだわり、一般の観光を遥かに超える旅のスケール、そして何より遺跡めぐり、乗馬、随所の交流の時間、さりげない社会貢献?ボランティア体験など様々なことが一度の旅の中で体験できる「奔流」ならではのバエリティにあると思います。

  2012年夏には、「モンゴル乗馬キャラバン」、「中国シルクロード~古代文明とその今を辿って」、「チベット秘境の旅」など定例企画に加え、本格的な馬との旅「グレート?キャラバン」企画第三弾、そしてとにかく沢山乗馬したい、馬のスピリッツに触れたいという方々のために、「モンゴル乗馬学校」企画を新設しています。社会人の方々のご要望に応え、飛行機利用の6日間日程も充実してきました。片道だけの利用なども細かく対応できる用意があります。

  締め切りは六月下旬ですが、コースによっては、満員次第となるものもありますので、お早めに資料をお取り寄せ、ご検討ください。ご質問がありましたら、気軽にメールなどでご相談くださいね。

  ぜひこの夏に、壮大

作者  | 2012-3-17 12:42:59 | 阅读(951) |评论(0) | 阅读全文>>

~旅で、希望と勇気を~ 「奔流中国」の旅への誘い

2012-1-10 12:20:38 阅读690 评论0 102012/01 Jan10

草の上に寝そべって地平線まで広がる星を数える、そんな幼き頃の素敵な夢は、大人になって遠ざかっていませんか?コンクリートだらけの都会の中、苦しく感じたことはありませんか?至るところに商品が氾濫し、そろそろ自分の心の空間がほしいと叫びたくなる時はありませんか?こんな時に、そうだ、モンゴルへ。何もない大草原へ、行こう。

萎んでいく日本にいるだけでは元気も気力を無くしていませんか?就職やらインターンやらありきたりのことばかり考え若者らしい挑戦と冒険の意欲を失っていく自分に苛立っていませんか?そんな中隣り日々躍進している国中国に後れを取ってしまうことを恐れながらも一向立ち向かうものがなくひそかに怨んだりしていませんか?そんなあなた、まず自らこの元気いっぱいな国中国に足を踏み入れてみなさい。希望に燃えろ!

進路に悩み、人生に迷い、だれかに相談したい時や、自分と同身大の仲間から刺激を受けたい時はありませんか。この旅で、あなたにとってかけがえのない旅の友がたくさんできるはずです。どんな時でも応援してくれる親友が、この旅でできるはずです。

馬に乗り風となって大草原を駆けてみたい方、今一番ホットな国中国について深く掘り下げたい方、国際交流とボランティアに興味のある方、一味違う旅の体験をしてみたい方、大学生活に退屈を感じて新たな刺激を求めたい方、そしてアート的な感性を磨きたい方やインスパイアがほしい方は、この旅に集まれ!

この旅の名は「奔流中国」。広大な中国大陸を横断し、馬でモンゴル草原を駆け抜ける。世界で一番標高の高いチベット高原に走る「天空

作者  | 2012-1-10 12:20:38 | 阅读(690) |评论(0) | 阅读全文>>

“人馬一体”は彫刻の最高峰と言われている。“人馬一体”とは果たしてどういったものだろうか。私が馬との一体感を味わったのはシルクロードの敦煌という場所だった。黒い砂粒以外何にもないゴビ荒野。地平線に向かって馬で駆けた時、普段なら途方もなく感じる地平線だが、その時それは猛スピードで自分に迫ってきた。その果てまで行こうというとんでもない野望に燃えた。そして馬も興奮した。自分の思いが馬に伝わったのか、或いは、馬の果てしなく駆けたいという思いが自分に伝わったのかもしれない。馬と一体となった時は、まるで体に化学反応が起きたようで、途轍もない喜びに満ち溢れ、体中を駆け巡った。

今思えば、それは人馬一体を味わった最初の瞬間だったように思う。ただ馬とリズムが合って一つになること自体は決して人馬一体とは言えない。人馬一体は抽象の世界なので、乗り手の感受によってその意味も変わってくる。私がその時に味わった途轍もない喜びは果たして何だったのだろうと、その疑問を頭に抱えつつ、15年間、馬に乗り、旅を続けてきた。そしてある日ふっと思った。その瞬間、私は本当の“自由”を手に入れたのだと。それは何ものにも縛られず、心が完全に自由になった瞬間だった。馬がもっとも尊ぶべき自由の形を見せてくれたのだと。

その尊ぶべき自由の形とは何か。馬を知らない人たちは、自由自在に草原を駆ける馬が自由の象徴だと思っているかもしれないが、それは違うと思う。人間が乗っていない馬は、広い草原にいても草を食べているばかりで、そこまで駆けたりしない。人間が馬を乗りこなして初めて、馬も生き生きし、人間もまた希望に燃

作者  | 2011-11-22 18:01:14 | 阅读(675) |评论(0) | 阅读全文>>

「馬と旅」その3 ~“今”と向き合う~

2011-11-22 18:00:17 阅读368 评论0 222011/11 Nov22

 手に握るのは手綱だが、捕まえたのは、生きるすべだ!

“馬の気持ちを無視しなさい。”私の言葉に日本の若者たちは戸惑ったようにだ。これまで彼らは馬に愛情を注ぐことだけが馬と旅する上で大切な心構えだと考えてきたからだ。しかし、自分の気持ちがくよくよしていては、馬が戸惑い、思い通りに走ってくれない。馬に愛情を注ぐことは大事だが、彼らに欠けているのは自分の確固たる意志だ。馬に乗る際に、その弱さが呈露している。

日本で、馬との触れ合いと言えば、飼いならされた馬を相手に行われ、動物へ相応の愛情を注ぐという行為は子供の優しい心を育てると一般的に考えられている。だが、それはつまるところ、馬でなくてもいいのだ。大自然の中に生きている馬に、優しい気持ちばかりで臨んではいけない。馬と触れ合うのではなく、馬と向き合うのだ。その対峙の中で、今の若者は大切なことを多く学ぶだろう。

その一つは、真剣に“今”と向き合う姿勢があると思う。馬で旅する時は、一瞬の油断も許されない。常に命賭けなのだ。日常生活や仕事では逃げ道はたくさんあるが、馬に乗る時、逃げ道はない。馬と旅する時、“今”と真剣に向き合わなくてはいけない。そして真剣に向き合っているからこそ、大きな喜びに出会えることに気づく。目の前のことに真剣さを失い、先のことに不安になったりして、日々悩む若者たちに、馬の旅で、“今”を掴む大切さを伝えられる。“今”を刻み、それを積み重ねた結果、将来となる。

馬と向き合うことは自然と向き合うことだ。現代のようなオートマティックの時代で、人間の生活空間がデジタル化され

作者  | 2011-11-22 18:00:17 | 阅读(368) |评论(0) | 阅读全文>>

查看所有日志>>

 
 
 
 
 
 

.

 
 
模块内容加载中...
 
 
 
 
 
 
 
模块内容加载中...
 
 
 
 
 

About me

 
 
模块内容加载中...
 
 
 
 
 
 
 
心情随笔列表加载中...
 
 
 
 
 
 
 
模块内容加载中...
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
网易云音乐 曲目表歌词秀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2018

注册 登录  
 加关注