注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

太陽は一人ぼっち

     

 
 
 

日志

 
 
关于我

くじけない意志、孤高の魂、自由の心、未知へのenthusiasm、そして正義への固執。

网易考拉推荐

「馬と旅」その2 ~遊牧民の誇りを甦らせよ~  

2011-11-22 17:58:32|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |
「馬と旅」その2  ~遊牧民の誇りを甦らせよ~ - solitary_sun - 太陽は一人ぼっち

 

激しく変化する季節風の中で、孤独な歩みを続けている遊牧民。私たちは彼らを尋ねた。馬で長い旅がしたい。馬を貸してください。その言葉に彼らは大いに喜び、自分たちの馬を連れて私たちのキャラバンに加わった。

 

日が経つにつれ、彼らと心が通い始めた。彼らの馬上の姿は、気高き騎馬民族の誇りを見せてくれた。彼らもまた僕たちと共に過ごす中で、希望を取り戻したようだった。遊牧民の馬を見る目に変化があった。それまで嘆きの目は輝きを取り戻し始めた。

 

大草原で暮らす遊牧民族は古来、馬で家畜を放牧し、自給自足の生活を行っていた。しかし近年、市場経済の嵐と外部の観光客が持ち込んだ物質文明によって、馬はそれに憧れ、馬と遊牧生活をやめ、草原を去り、街へと流れていく。しかし、騎馬民族にとって、馬を手放すということはすなわち、そのアイデンティティを放棄することと同じである。騎馬遊牧の誇りは現代文明の波の中で無惨に潰されているのだ。

 

騎馬民族は誇り高い。“助ける”“守ってあげる”のようなボランティア的発想を持っていては、彼らは私たちを受け入れるはずがない。同じ目線に立ち、彼らの苦労だけでなく、その喜びも知ることが大事だ。現代文明の中に暮らす私たちは、旅の手段に自動車ではなく、敢えて馬を選択する。そして、馬のスピリッツに深く共鳴することで、彼らはその大きな誇りを取り戻すに違いない。その事実は現代の価値観の中、遊牧民自身の騎馬文化に対する諦めを止める意味がある。また、現代人の騎馬文化への再認識にもつながる。草原をり、遊牧民を救う活動は多いが、草原に生きる彼ら自身が馬と遊牧生活に誇りを取戻し、遊牧の営みを選択することが、草原を守る第一歩となるのではないだろうか。

 

私たちが馬に乗りながら、吹きわたる風の中で見えるのは、時代の変化の中に立つ、ひとつの文明、ひとつの民族の姿なのだ。

  评论这张
 
阅读(460)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017