注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

太陽は一人ぼっち

     

 
 
 

日志

 
 
关于我

くじけない意志、孤高の魂、自由の心、未知へのenthusiasm、そして正義への固執。

网易考拉推荐

「馬と旅」その4 ~人と馬が一つになる。そこに途轍もない大きな自由があった。~  

2011-11-22 18:01:14|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |
「馬と旅」その4  ~人と馬が一つになる。そこに途轍もない大きな自由があった。~ - solitary_sun - 太陽は一人ぼっち

 

“人馬一体”は彫刻の最高峰と言われている。“人馬一体”とは果たしてどういったものだろうか。私が馬との一体感を味わったのはシルクロードの敦煌という場所だった。黒い砂粒以外何にもないゴビ荒野。地平線に向かって馬で駆けた時、普段なら途方もなく感じる地平線だが、その時それは猛スピードで自分に迫ってきた。その果てまで行こうというとんでもない野望に燃えた。そして馬も興奮した。自分の思いが馬に伝わったのか、或いは、馬の果てしなく駆けたいという思いが自分に伝わったのかもしれない。馬と一体となった時は、まるで体に化学反応が起きたようで、途轍もない喜びに満ち溢れ、体中を駆け巡った。

 

今思えば、それは人馬一体を味わった最初の瞬間だったように思う。ただ馬とリズムが合って一つになること自体は決して人馬一体とは言えない。人馬一体は抽象の世界なので、乗り手の感受によってその意味も変わってくる。私がその時に味わった途轍もない喜びは果たして何だったのだろうと、その疑問を頭に抱えつつ、15年間、馬に乗り、旅を続けてきた。そしてある日ふっと思った。その瞬間、私は本当の“自由”を手に入れたのだと。それは何ものにも縛られず、心が完全に自由になった瞬間だった。馬がもっとも尊ぶべき自由の形を見せてくれたのだと。

 

その尊ぶべき自由の形とは何か。馬を知らない人たちは、自由自在に草原を駆ける馬が自由の象徴だと思っているかもしれないが、それは違うと思う。人間が乗っていない馬は、広い草原にいても草を食べているばかりで、そこまで駆けたりしない。人間が馬を乗りこなして初めて、馬も生き生きし、人間もまた希望に燃え、体の細胞の一つひとつまで興奮しているのが分かる。その瞬間こそが、馬も人間も最大限の自由を手にいれた瞬間だと思う。人間の歴史を考えれば、支配する側とされる側。一方は自由になり、一方は自由を失う。しかし、人と馬とが一体となる時、双方がそれまでにない大きな自由を手にいれる。それこそ人間の憧れる理想的な自由の形ではないだろうか。人馬一体が古代から彫刻の最高峰と言われてきた理由は、そこにあるかもしれない。

  评论这张
 
阅读(576)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017