注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

太陽は一人ぼっち

     

 
 
 

日志

 
 
关于我

くじけない意志、孤高の魂、自由の心、未知へのenthusiasm、そして正義への固執。

网易考拉推荐

奔流説明会の後  

2011-06-01 11:32:55|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

今朝、いつも通り、渋谷パルコの向かえ側で朝食をしながら文章を書いている。
昨日午後、日本に帰ってすぐ奔流説明会。頭がまだ中国において来たようで、自分の話があまりまとまらなくて、ちょっと悔しい。6月12日の最終回ではもっと伝わる話をしなくては、と心に決めた。
説明会の後は、応援しにきた前の参加者たちと夕飯。わざわざ自転車で横浜から来ている鉄人もいる。
帰る際に、一人春の参加者にこんなことを聞かれた。“奔流のようなキャラバンツアーは世界中他にないでしょうか”、と。少し考えさせられた。

答えは、Noです。
発想自体はだれでも真似られるが、奔流で感じた風となるような乗馬体験は他にないはずだ。それをを実現したのは、乗馬の指導の力と安全面の管理体制なのだ。それを真似られる人がいなかったのだ。発想が大事というのは確かだが、それよりもっと大切なのは、発想を実現させる力だ。(おそらく、“発想が大事”というのは企業のトップが社員に対する期待であって、そのままサラリーマンや若者の中で、発想ばかり重んじる風潮になってしまったかもしれない。物の本質を見抜く力を養ってほしい。)

しかし、気になったのは、参加者の一部は、奔流のことをあまり理解されていないようだ。“馬”の喜び、“キャラバン”の形があって、深い感動と喜びが得られ、その結果、参加した人たちは旅先の感動を共有し、そこから生まれた深い絆と、旅の喜びを分かち合うため旅行の後も交流が続いている。
しかし、日が経つと、副産物である参加者の交流が奔流の醍醐味だと誤解してしまう人もいる。奔流の旅先では、今まで体験したことのない大きいな世界では、全部の参加者が理解できるはずはなく、自分の経験からいうと、芸術をやっている人や感性豊かな人たちが深く理解している。様々な人が一緒に旅にでる、そのいいところの一つが、感性豊かな人たちが感じたものを他の参加者にも伝えられている。高めあうともいうが、しかし旅の後、自分から深い理解できていない人はどうしても参加者の交流だけに着目してしまう。本来、「奔流」として望ましいのは、もちろん交流ありでいいと思うが、旅を消化し、自分の内面を磨き、そしてある時に、旅がまた人生の様々なターニングポイントを影響していくことだ。今も、ひたすら飲み会の開催や居場所を求めるのではなく、胸の中でその旅が高鳴り、心の奥で深い交流が続いている参加者がむしろ多く存在することは「奔流」が本当に誇るべきことかもしれない。

奔流説明会の後 - honryu - 太陽は一人ぼっち
  评论这张
 
阅读(430)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017