注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

太陽は一人ぼっち

     

 
 
 

日志

 
 
关于我

くじけない意志、孤高の魂、自由の心、未知へのenthusiasm、そして正義への固執。

网易考拉推荐

若者へのアドバイス①  

2011-10-16 12:54:34|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 

若者へのアドバイス① - solitary_sun - 太陽は一人ぼっち

 

今の自分と十年前若いころの自分との大きな違いの一つは、何か行動する時に、いろいろ余計なことを考えすぎる気がする。学生の頃はたくさん考えずにすぐ行動に移る。沢山考えることは悪くなさそうに見えるが、大抵どうでもよいことなのだ。人間で何も考えずにすぐ行動する方が、意外とちょうどよいくらいのバランスで物事を考えているし、プラス志向に物事を考えられる。いろんなことを自然に成し遂げられる。だから最近の自分に苛立つこともよくある。

 

最近自分のまわりの若い人は、どうも無意味に考える時間が多いように見える。自然とネガティブな考えが多くなるし、単に自意識過剰な時も多い。それはもちろん社会がこんなに複雑に多次元になってきた結果でもいえるし、日本は段々ややこしいものに神経が取られる社会になっている結果でもある。たとえば、個人情報だとか、守る必要ないというわけではないが、考えすぎると、社会のセキュリティ管理としてはいいが、個人レベルでいうと、人間の考えがどんどん神経質になってしまう。あなたが犯罪人を惹きつける何かをもっているのかよ、と思う時もしばしばある。マイケルジャクソンの有名な曲の中に、“だれが私たちのような小人物に気を配ってくれるだろう”の歌詞があって、まさにその通りで(違う意味だけど)、自意識過剰しか見えない時がある。

 

自意識過剰でも、自己満足的に独りよがりで考えても、それこそ人間一人一人の自由だが、問題は、せっかく若いのだから、経験なきで大した考えができていないのに、若さならではの行動力と冒険のスピリッツも失ってしまうと、生きている世界はどれだけちっぽけなものになるか、そう考えると、どこか心配してしまうのだ。

  评论这张
 
阅读(613)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017