注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

太陽は一人ぼっち

     

 
 
 

日志

 
 
关于我

くじけない意志、孤高の魂、自由の心、未知へのenthusiasm、そして正義への固執。

网易考拉推荐

“馬を止める、空中にて” 張宇の五匹の駿馬〈新バージョン〉  

2012-10-01 13:59:39|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 四年前にここで、伝説の中の汗血馬と出会った。そして今回は、それにも勝る、“天馬”たちと出会った

 

■赤兔
試して手綱を緩めた瞬間、ばねに発射された感じがした。リズムも動きも兔のようで、スピードが恐ろしい。馬の上で景色を見る余裕がなくなったのは何年ぶりのことか。馬の上で参加者の乗り方をチェックしようとしても、周りのものがすべて二倍速以上で早送りされているように見え、何にもできなくなった。走り方から、“赤兔”と名付けた。三国志の中の呂布の乗る馬は恐らくこのような馬ではないだろうか。ちなみに、僕の旅に何度も来ている参加者の中に僕とほぼ同じ風に乗れる人も何人かいるが、恐らくこの馬だけは、彼らの誰でも乗れないだろう。現地の遊牧民の人は最初僕がそれを乗ることを反対していた。結局乗らせてくれたのも、落馬を覚悟した上だろうが、余裕に(完全に余裕ではないが)乗りこなしている僕を見て、苦い笑いしながら親指を上げた...

〈新〉張宇の五匹の駿馬 --- 空中にて馬を止めるということ - solitary_sun - 太陽は一人ぼっち

 

〈新〉張宇の五匹の駿馬 --- 空中にて馬を止めるということ - solitary_sun - 太陽は一人ぼっち

  

 

 

■可汗 

黄色味のかかっている白い馬だ。去年のGCにも来てくれた馬だが、去年は映像撮影に神経取られていたため、馬には集中していなかった。馬格が大きい割には軽やかに走る。そして、いつも堂々としている。気が大きく、信頼も篤い。サイドカーのようにカーブし、その分だけ馬上では自由に重心をかけられて、完全に自分の足のようになっている。乗れない人が乗る時に程よい力で走るので、偶に参加者にも乗らせている。かつてのチンギス?ハンもこの色の馬を好んでいるらしく、名前を“可汗”にした。 

〈新〉張宇の五匹の駿馬 --- 空中にて馬を止めるということ - solitary_sun - 太陽は一人ぼっち

 

〈新〉張宇の五匹の駿馬 --- 空中にて馬を止めるということ - solitary_sun - 太陽は一人ぼっち

 

 

 

 

■玉女

こげ茶の馬だ。チェラの連れてきた馬で、競馬では距離が短かったため、僕の赤兔に負けていたが、長距離の競馬では実力が発揮されるそうだ。以前足に怪我したことがあるようで、走り方には癖がある。その癖のあるリズムにさえなれれば、非常に乗り心地のいい馬だ。最初深い愛着はなかったので、僕の友人のモリラに乗らせた。でも、モリラの乗り方には恐らく癖があり、しばらくすると、馬は頭を頻繁に下げるようになった。これでは悪い癖がついてしまうと思い、僕が戻して再び自分が乗ることにした。僕の場合、全体の面倒を見ているので、乗り方に自然と自信と威厳があり、それが手綱の持ち具合の中に、馬に伝わったかもしれない。馬を降りても、この馬はどこにも僕についてくるようになった。かわいく見えると同時に、深い愛着が湧いた。体つきが細く、気持ちも繊細に見えたので、“玉女”と名付けた。 

〈新〉張宇の五匹の駿馬 --- 空中にて馬を止めるということ - solitary_sun - 太陽は一人ぼっち

 

〈新〉張宇の五匹の駿馬 --- 空中にて馬を止めるということ - solitary_sun - 太陽は一人ぼっち

 

 

 

 ◆徳皇

花柄。昔ヨーロッパ人が油絵で描いているような馬だ。首が高高と上がっていて、ジャンプの力は半端でない。疾走する時に耳際に雷が鳴っているように感じる。気が大きく、ちょっとしたことではビクともしないすごい度胸だ。雨の日、下手に止めると滑るので危険と思って、その時に気づいたのは、この馬は空中にて止めることが一番手早いということだ。そのことを彼の持ち主に話したら、その持ち主は苦い笑いしながら頷いた。他人が自分の馬を好むことはうれしいことだろうが、そこまで自分の馬が知り尽くされることは決して素直に喜べることではない。彼の表情に少しの悔しさも見えた。イメージの中では、ドイツ皇帝ヴィルヘルムⅠ世がこのような馬を乗っていただろうから、名前を“徳(中国語ではドイツ)皇“にした。 

〈新〉張宇の五匹の駿馬 --- 空中にて馬を止めるということ - solitary_sun - 太陽は一人ぼっち

 

〈新〉張宇の五匹の駿馬 --- 空中にて馬を止めるということ - solitary_sun - 太陽は一人ぼっち

 

 

 

■轩辕

 濃げ茶色で、背が高い。現地の遊牧民の隊長の人が乗っていて、重宝にしているようで、僕ももともと高すぎる馬にそこまで興味がなく四日目まで乗ろうともしなかった。四日目の夕方になって、その隊長の人は突然、乗ってみないか、と言われた。乗ってみると、なんと素晴らしい馬だ。足が長く、一歩一歩が大きい。リズム掴めないと駱駝のように振動が激しいだろうが、リズムをつかめれば、まさに「天馬行空」の世界だ。駈足もきっと早いだろうが、モンゴル人の言う「走馬」調教中で、無駄に駈足をさせたくなかった。忠実な性情で、その持ち主と同じように重ねて見えた。温厚、忠実、器量大きいところから、“轩辕”と名付けた。轩辕”は遠古時代、初めて中国を統一した王、黄帝の名前であった

〈新〉張宇の五匹の駿馬 --- 空中にて馬を止めるということ - solitary_sun - 太陽は一人ぼっち

 

〈新〉張宇の五匹の駿馬 --- 空中にて馬を止めるということ - solitary_sun - 太陽は一人ぼっち

 

 

 

来年、この五匹の馬と再会できるのは非常に楽しみにしている。ちなみに、今年は赤兎と余裕に競馬で優勝した。余裕過ぎたので、いまいち実感が湧かないが。

  评论这张
 
阅读(640)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017